WAR OF BRAINS

【B1対応】『ウォーブレ』全エキスパンションのSR、GCの中から使える当たりカード、おすすめカードをご紹介!各国家で採用率の高いカードを抜粋!

『WAR OF BRAINS(ウォーブレ)』を始めたばかりの初心者向け攻略情報。全エキスパンションのパックから手に入るカードのうち、SRとGCのおすすめ当たりカードを紹介します。是非デッキ構築やクリエイトの参考にしてみてください。(※2018年2月21日更新)

2018/02/21 15:58
当サイトで掲載している記事はWAR OF BRAINS Now編集部の独自の見解であり、『WAR OF BRAINS』開発チームの公式見解をお伝えしているものではありません。

パックの当たりカード、おすすめカードをご紹介!

『ウォーブレ』を始めたばかりの初心者向け攻略情報をご紹介!
今回は、パックから当たる高レアリティカードのうち、その勢力のデッキで高い採用率を誇るおすすめの当たりカードを抜粋しました。

▼全てのゲームチェンジャー(GC)カード紹介はこちら
A1、A2のGCカード紹介
A3のGCカード紹介
目次
NEUTRAL
A1〜A3のおすすめカード
B1のおすすめカード
LAPIS
A1〜A3のおすすめカード
B1のおすすめカード
TAOSIN
A1〜A3のおすすめカード
B1のおすすめカード
SHEDO
A1〜A3のおすすめカード
B1のおすすめカード
MAGNA
A1〜A3のおすすめカード
B1のおすすめカード
E・G UNION
A1〜A3のおすすめカード
B1のおすすめカード
まとめ

NEUTRAL(ニュートラル)のおすすめカード

A1〜A3のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【6】龍吉公主 GC A1 中速〜低速
【5】邪帝 エグゼバグ GC A1 中速〜低速
【4】終戦のオルディア GC A1 高速〜中速
【8】慟哭のジル・クライハート GC A3 低速、コンボ
【3】ラッキー SR A1 高速以外
編成するデッキにあったものを選ぼう!
どんな国家のデッキにも編成できるニュートラルのカードとは言え、戦略によって噛み合うデッキとそうでないものがあります。
その中でも、比較的多くのデッキで活躍するGCである「龍吉公主」「終戦のオルディア」や全国家のあらゆるデッキで採用されている超人気カード「ラッキー」、追加ターンを強力なコンボ利用できる「慟哭のジル・クライハート」は是非集めておきたいカードです。

B1のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【8】次元を見守りしもの ボグズ GC B1 低速
【4】次元の番人 トイガール SR B1 中速〜低速
【3】次元の番人 インフェルノ SR B1 中速〜低速
【1】次元の番人 ウォールガール SR B1 中速〜低速
新種族センチネル
B1のニュートラルでおすすめのカードは、全てが新種族種族センチネル関連。ほとんどがミッドレンジ〜コントロールなど遅めのデッキで使われています

なお、「ボグズ」だけは単体で使われることもありますが、センチネルはセンチネル同士でシナジーを形成するので、これ以外でもどんなカードがあるのか把握しておきましょう。

LAPIS(ラピス)のおすすめカード

A1〜A3のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【7】覇王 白獅子 GC A1 全デッキ
【5】邪怨を纏う豪虎 GC A2 全デッキ
【6】鬼神演舞 八重ノ風 GC A3 中速〜低速
【6】キャプテン ギャラック SR A1 中速〜低速
【4】幽幻の執女 ヨミ SR A2 全デッキ
【4】光機 シャム・スー SR A3 高速〜中速
一撃必殺のコンボを狙え
LAPISは屈強なユニットによる盤面制圧と、ソウルバーストでユニット全体の強化を行いバーストダメージを与えることが得意な国家。
単体で強力なカードやコンボを搭載したグッドスタッフのようなデッキも人気ですが、獣か機械のシナジーを活かした種族デッキも多いです。

なお、中でもGCの「覇王 白獅子」「邪怨を纏う豪虎」の2枚は採用率の高い定番カードなのでLAPISをメインに使おうと思っている人は、ぜひ集めておきましょう。

B1のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【7】風の村のナミ GC B1 中速
【6】女傑総裁 ミア・ハリスン SR B1 中速
【5】狡賢財閥 アルノー SR B1 コンボ
【4】風村の雷猫 ケヤキ SR B1 中速
リクルーターが強い
B1のLAPISカードは新種族メタモールとソルジャーズに関連したものが多いですが、どちらも横並びに展開することで強化されるという特徴があり、例によってSBと好相性です。

加えて、どちらの新種族も味方をリクルールしてくる能力を持った「ナミ」と「ミア・ハリスン」があります。それぞれの種族で固めてシナジーを狙っても良いですが、前述の通り横並びできればそのままSBでゲームを決められるのがLAPISなので、どちらの種族も一部だけをデッキに編成してグッドスタッフ系のデッキにするのも強力です。

TAOSIN(タオシン)のおすすめカード

A1〜A3のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【8】天を貫く王龍 GC A1 ドラゴンデッキ
【7】鬼王<試> GC A2 全デッキ
【7】災いの始祖 悟空 GC A3 罠デッキ
【5】龍谷女王 ミャータン SR A1 ドラゴンデッキ
【2】麒麟<試> SR A2 全デッキ
【7】堅巌龍 ダンダマイト SR A3 ドラゴンデッキ
【4】魅惑の狐姫 ダッキ SR A3 高速〜中速
【4】不徳なる策士 コウメイ SR A3 罠デッキ
アグロ〜ミッドレンジの速いデッキが強力
TAOSINは、序盤中盤のユニットが非常に強力で、アグロ〜ミッドレンジの早いデッキが主流
シンプルなアグロ、ミッドレンジデッキに加え、「天を貫く王龍」を中心としたドラゴンや「災いの始祖 悟空」と「不徳なる策士 コウメイ」を中心としたテクニカルな罠デッキも人気です。

B1のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【24】裁卿皇帝 ビッグブラザー GC B1 コンボ
【5】爆炎鬼鎧 ゴルゾン SR B1 コンボ
【4】闇黒大剣 シン SR B1 高速〜中速
【2】亡国豪腕 スティンキー SR B1 高速
【1】亡村の竜人 ヒヨ SR B1 高速
新ギミックで既存のデッキを強化・発展
B1のTAOSINでは、自傷ダメージをコントロールするカードと相手に追加ターンをあげるという強烈なデメリットを持ったカードが新ギミックとして登場しています。

しかしながら、自傷ダメージを受ける代わりにスタッツの高いカードは従来からあったため、それらと組み合わせてアグロデッキを強化。追加ターンについては、「ビッグブラザー」をエンドカードにしたコンボデッキになることから、従来のTAOSINでも比較的長期戦に強かったドラゴン、罠デッキのカードと組み合わせて使うことが多く、結果としてどちらの新ギミックも従来のデッキを強化・発展させています

SHEDO(シェド)のおすすめカード

A1〜A3のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【6】決意の華王 アン・サリヴァン GC A2 中速〜低速
【7】白界王 シン・ジェリス GC A3 低速
【5】幸運の神 ラクシュミー SR A2 コンボデッキ
【5】華の聖賢 アン・サリヴァン SR A1 中速〜低速
【3】ジェリス SR A2 中速〜低速
【4】華の暗部 アマリス SR A3 中速〜低速
【3】響水神 セイレーン SR A3 中速〜低速
テクニカルなカードが多く、デメリットの扱いに注意
SHEDOは、アグロ〜コントロールまで多彩なデッキが組めるほか、「幸運の神 ラクシュミー」など単体のカードを活かしたコンボデッキもあります。
しかしながら、デメリットが大きかったりコンボ利用しないと真価を発揮できないようなテクニカルなカード・デッキが多いです。

単体では価値を測りにくいカードが多いので、データベース他の人の投稿したデッキレシピを参考に、しっかりと勝ちパターンや戦略を意識したデッキを組みましょう。

B1のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【2】おてんば王妃 レヴィ GC B1 中速〜低速
【6】鉄魂のピーナッツバター SR B1 中速〜低速、天空神
【5】土轟のガーデン SR B1 天空神
【4】烈風のカマイタチ SR B1 天空神
【3】氷結のウェディングブレード SR B1 天空神
天空神
B1のSHEDOでも幾つかの新ギミックや新種族が登場しましたが、高レアリティの中でおすすめなのは、ほとんど天空神に関連したカード

天空神は異なる4種類がデッキに入ってることで効果が強化されるという特徴がありますが、そもそも現在は全4種類です。全てSRのカードですが、天空神デッキを組むのであれば集めておきましょう

MAGNA(マグナ)のおすすめカード

A1〜A3のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【8】悪女 アラディア GC A1 中速〜低速
【7】輝く非道 アンジェリカ GC A2 中速〜低速
【5】青の超越者オズワルド GC A2 全デッキ
【7】ヘルヘイム GC A3 低速
【6】腐敗正義 ディアマンテ GC A3 中速〜低速
【4】ジャッジメント・ゼロ SR A1 低速
【3】時の解明者 ガートルード SR A1 ウイルスデッキ
【7】富豪医 マニー・ポポ SR A2 低速
【4】権高な論者 イプシロン SR A3 中速〜低速
強力なGCが勢ぞろい
MAGNAでは、ミッドレンジ〜コントロールなど遅めのデッキで強力なカードが多いです。

特に、全国家中でも特にGCが強力で、どのデッキを組むにしても高額となりやすいですが、逆にいうとどんなデッキでも活躍します。MAGNAをメインに使おうと思っている人はぜひ集めておきましょう。

B1のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【10】覚醒妖姫 モニー GC B1 セルフハンデス
【3】守銭少女 アリス GC B1 中速〜低速
【5】風来詩人 ハーメルン SR B1 低速
【3】炎上幼女 ベンテン SR B1 中速〜低速
【3】不笑童女 シラユキ SR B1 低速
【2】彷徨の艶女 キジモナカズバ SR B1 セルフハンデス
セルフハンデス
B1のMAGNAでは、セルフハンデスシナジーを持つカードと、ユニットとしてもトラップとしても使えるワンダートラップの2つが新ギミックとして登場しており、おすすめカードもそのどちらかに関連してます。

なお、セルフハンデス関係は専用のミッドレンジデッキを組むためのパーツですが、ワンダートラップ関連は組み合わせてシナジーを発揮させても単体で使っても良いので活躍の幅が広いです。

E・G UNION(EGU)のおすすめカード

A1〜A3のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【8】検体 No.294 GC A1 中速
【6】狂学者 ウィットフォード GC A1 全デッキ
【5】新世界の王 メア GC A2 中速〜低速
【7】狂審者 ウィットフォードΣ GC A3 コンボ
【5】コードネーム B SR A1 中速
【1】魔弾にうつろうエデン SR A1 高速〜中速
【4】デス・アリゲーター SR A2 中速
【4】鈍叫のエレファンク SR A3 中速〜低速
【3】氷華学者 ミュール SR A3 中速〜低速
【2】バットラム SR A3 高速〜中速
テンポよく攻めるか、コンボで決めるか
E・G UNIONでは、豊富な除去カードとウイルスシナジーを、もしくは「モルモンズ・オーダー」を中心としたテンポデッキ(ミッドレンジ)と、「狂審者 ウィットフォードΣ」と「情熱の王女 エモ」を使ったコンボデッキなどが人気です。

紹介したカードでもどんなデッキを組むかで採用される物は変わりますが、その中でも「狂学者 ウィットフォード」は特におすすめの1枚。E・G UNIONのソウルバーストと相性が良いため、この国家のあらゆるデッキで使われる定番カードです。

B1のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【8】独裁科学 ドラン・エイガー GC B1 コンボ、デッキ破壊
【1】希望の使徒 イム GC B1 全デッキ
【7】希望の科学 ドクターテンマ SR B1 コンボ
【4】暗躍使徒 トリガー SR B1 中速〜低速
【4】希望の使徒 アニー SR B1 コンボ
【3】天才助手 シュウ・サイトウ SR B1 デッキ破壊
新カードを使ったコンボが多数
B1のE・G UNIONでは、「ドラン・エイガー」関連のコンボデッキか「アニー」を使ったコンボデッキが新たに誕生しており、レアリティの高いカードはなんらかのコンボパーツとして専用デッキで輝くカードが多いです。

しかしながら、「トリガー」は攻撃的な性能でミッドレンジ系のデッキで採用されており、「イム」は新たな切り札として様々なE・G UNIONのデッキで使いやすいカードとなっています。

まとめ

今回、最高レアリティであるGCのカードについては、デッキの即戦力となるカードを抜粋して紹介しています。しかし『ウォーブレ』では、使わないカードをブレイクして、別のカードをクリエイトできることから、大量のBITと変換できる全てのGCは当たりカードと言えるでしょう。

とはいえ、今後の環境変化によっては評価が変わることもあるので、1枚しか持っていないGCは念のため取って置いても良いかもしれませんね。

最新記事

初心者の歩き方

ログインしてデッキを作成しよう

WAR OF BRAINS Nowではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル WAR OF BRAINS
(ウォーオブブレインズ)
ジャンル 対戦型本格カードゲーム
対応OS iOS/Android
対応端末 Android4.4以降 iOS9.3以降
※一部端末を除きます
価格 基本プレイ無料(アイテム課金有り)
公式サイト

ウォーブレ基本情報

初心者向け攻略

おすすめ・当たりカード等【定期更新】