WAR OF BRAINS

『ウォーブレ』にある各国家の特徴を紹介!「LAPIS」「TAOSIN」「MAGNA」「E・G UNION」「SHEDO」の中から好きな国家を選んでみよう!

『WAR OF BRAINS(ウォーブレ)』を始めたばかりの初心者向け攻略情報。「LAPIS」「TAOSIN」「MAGNA」「E・G UNION」「SHEDO」の各国家のおおまかな特徴をご紹介します。

2017/07/24 18:50

各国家の特徴を紹介!

『WAR OF BRAINS(ウォーブレ)』を始めたばかりの初心者向け攻略情報をお届けします。

『ウォーブレ』には、「LAPIS」「TAOSIN」「MAGNA」「E・G UNION」「SHEDO」と呼ばれる5つの国家が存在しています。各国家によってバトルスタイルに特徴があり、それぞれの違いを知ることが非常に重要です。

この記事では、各国家ごとの大まかな特徴やバトルスタイルをご紹介するとともに、編集部ライターによる初心者向けの編成例を掲載しています。
目次
「LAPIS」
「TAOSIN」
「MAGNA」
「E・G UNION」
「SHEDO」
各国家の特徴を知り、自分のスタイルを見つけよう!

「LAPIS」の特徴とバトルスタイル

【コンセプト】強固なユニットとコンボが魅力の制圧タイプ
【プレイ難度】初心者〜上級者向け
【得意学問】生物学、機械工学

「LAPIS」は、強固なユニットを軸に、常に盤面のアドバンテージを取りながら戦うスタイルを得意としています。「獣」「機械」のユニットが多く、これらのカード同士のシナジー効果を利用するのがおすすめ。

また、ユニットの強化能力を付与することのできる「ブースト」を一時的に利用することにより、スタッツの上回る相手ユニットにもパワー負けせずに戦えます。1ターンで出せる爆発力のある攻撃はLAPIS最大の強みです。

ソウルバースト「RAGE(強化)」

Lv.1(ソウル数:1〜4) ターンの終了時まで全味方ユニットに+1/+1と「ターンの終了時に破壊する」を与える
Lv.2(ソウル数:5〜8) ターンの終了時まで全味方ユニットに+1/+1を与える
Lv.3(ソウル数:9) ターンの終了時まで全味方ユニットに+2/+2を与える
Lv.1時は「ターン終了時に破壊する」というデメリットも付与されるので注意したいところ。

また、全ての効果がターン終了時までの効果となっているので、そのターンに出たユニットは基本的に攻撃できません。その為、盤面に出したターンでも攻撃ができる「クイック」の効果を上手く活用して、大きなコンボを狙うのも有りです。

初心者向けデッキ編成例(BIT:4900)

カード名 種類 コスト 枚数 レアリティ
餓狼 スペル 1 3 -
クイック・チャージ スペル 1 3 C
シールド・スクランブル スペル 2 3 C
戦士見習い ニボ ユニット 2 3 -
武闘派戦士 シリメツレツ ユニット 2 3 C
千両役者 ウリノスケ ユニット 2 3 C
量産型戦士 アロン ユニット 3 3 -
狙撃戦士 スナイプ ユニット 3 3 C
補給戦士 アップル ユニット 4 3 -
闇狼 ライガ ユニット 4 3 R
黒般若 ユニット 4 2 R
夜露四苦 バッド・ジョー ユニット 5 3 C
神秘の鹿 ユニット 5 3 C
心喰い ユニット 17 2 R
LAPISのソウルバーストは単純にユニットにバフをかける、分かりやすい能力なので、初心者でも簡単に使うことができます。

序盤は「戦士見習い ニボ」や「武闘派戦士 シリメツレツ 」などの低コストのユニットで相手のライフを削って行きましょう。中盤からは「神秘の鹿」や「シールド・スクランブル」のガーディアン効果で耐えて、終盤はクイックに合わせてソウルバーストで一気に勝負を決めるのが良いでしょう。

「TAOSIN」の特徴とバトルスタイル

【コンセプト】多彩な方法で相手の体力を削っていく速攻タイプ
【プレイ難度】初心者〜中級者向け
【得意学問】機械工学、文化学

「TAOSIN」は、軽量ユニットトラップが豊富で、序盤から相手の体力を多彩な方法で削ることができます。「ドラゴン」のユニットも多く、種族のシナジー効果で素早く盤面を制圧する立ち回りも得意としている国家です。

しかしながら、長期戦になり時間をかけすぎる徐々にパワー負けしてしまうことも多いので、できるだけ有利な状態を保ったまま早く決着をつけたいところ。

ソウルバースト「SALVAGE(蘇生)」

Lv.1(ソウル数:1〜4) ゲーム中に破壊された最大コストの味方ユニット1体をHP1の状態で復活させる
Lv.2(ソウル数:5〜8) ゲーム中に破壊された最大コストの味方ユニット1体を復活させる
Lv.3(ソウル数:9) ゲーム中に破壊された最大コストと最小コストの味方ユニットそれぞれ1体を復活させる
最大コストの味方ユニットを復活させることができ、なるべくスタッツの高い大型ユニットで使いたいソウルバーストです。Lv.3時では、さらに最小コストの味方ユニットも復活できます。

注意したいポイントとしては、この「SALVAGE」では場に出した時に効果を得る「ログイン」は発動しないということ。その為、このソウルバーストで復活可能なユニットの効果はあらかじめ把握しておくようにしましょう。

初心者向けデッキ編成例(BIT:4600)

カード名 種類 コスト 枚数 レアリティ
拘束<網状鉄鎖> トラップ 0 3 -
龍圧 トラップ 0 3 -
戦場の鴉 アッシュ ユニット 1 3 C
龍の子 ユニット 1 3 C
鉄讙 ユニット 1 3 -
厄災の使徒 テンホウ ユニット 2 3 C
自走する重火器 ユニット 3 3 R
トラッピング・スレイ スペル 3 3 C
怒りの千人将 ワン ユニット 3 1 R
上級黒蜂 デュカリス ユニット 3 3 C
龍騎兵 クーシン ユニット 3 3 C
黒蜂総長 マンダリニア ユニット 4 3 R
先手必勝 スペル 4 3 -
暴食龍 ガウ ユニット 7 3 -
低コストユニット中心の短いターンで決着を付けたいアグロ型のデッキ。 クイック持ちや、スペルなどによる相手への直接的なバーンダメージが魅力です。よりアグロに寄せたいなら「暴食龍 ガウ」の代わりに低コストのユニットを入れたり、逆にミッドレンジでも戦えるようにしたいなら5〜6コストのユニットを増やしてみるのも有りです。

「MAGNA」の特徴とバトルスタイル

【コンセプト】ウィルスや強力なスペル、トリッキーな動きで相手を翻弄する妨害タイプ
【プレイ難度】中級者〜上級者向け
【得意学問】医学、化学

「MAGNA」は、ウィルスや強力なスペルを駆使しながら、ユニットを奪うなどのトリッキーな動きで相手を翻弄することが得意な国家です。

また、弱体化単体除去が豊富で、相手からの被ダメージを大きく抑えやすいのも魅力。しかしながら、スペルが通用しないユニット数で押し切るデッキ相手には苦戦しやすいので注意しておきたいところ。

ソウルバースト「HEAL(回復)」

Lv.1(ソウル数:1〜4) 全味方キャラクターを3回復する
Lv.2(ソウル数:5〜8) 全味方キャラクターを6回復する
Lv.3(ソウル数:9) 全味方キャラクターを10回復し、回復したキャラクターの数に等しい枚数ドローする
回復に優れたソウルバーストとなっています。さらにLv.3時には回復したキャラクターの数だけドローができます。

ちなみに、HPが既に最大の場合は回復したキャラクターにはなりません。その為、ドロー数の対象にはならないので注意したいところです。

初心者向けデッキ編成例(BIT:4800)

カード名 種類 コスト 枚数 レアリティ
罪の裁定者 ユニット 1 3 R
毒銃士 ウェスタン ユニット 1 3 -
スウェート・メス スペル 1 3 C
臨床医 サリ ユニット 1 3 -
捕食抗体 ガブロン ユニット 2 3 C
エクストリーム・インボイス ユニット 2 3 -
傀儡医 マイロ ユニット 2 3 -
赤頭巾 マヤ ユニット 2 3 -
薄命の研究者 ブーイン ユニット 3 2 R
インモラル・パーティー スペル 3 2 C
均衡の指導者 ユニット 4 3 C
苦痛の理解者 ドレッド ユニット 4 2 C
ショック スペル 4 3 -
機械槌のウルゴ・バシュー ユニット 5 3 PR
デリート スペル 6 2 -
低コストのウイルス持ちユニットで序盤から攻めていき、相手の動きを縛りつつ豊富な除去カードも駆使して殴り勝つデッキ

「スウィート・メス」と「臨床医 サリ」のコンボも搭載しているので、スタッツの高いユニットでも破壊することができます。

このデッキは比較的序盤から攻撃的な戦略ですが、MAGNAは長期戦にも長けた国家。その為、デッキを改造するときは短期決戦か長期戦で挑むかコンセプトは絞りましょう

「E・G UNION」の特徴とバトルスタイル

【コンセプト】攻守に効く能力が多いバランスタイプ
【プレイ難度】中級者〜上級者向け
【得意学問】化学、生物学

「E・G UNION」は、ウイルスを自分で食らって、それをメリットに変換したり、自分のユニットを破壊してアドバンテージを得るスーサイド(ライフなど自らのリソースを犠牲にする)な動きを得意としています。ユニットは「キメラ」が多く、彼らを場に展開することにより、徐々に相手を追い詰めていくスタイルが特徴です。

また、ピンチ時に非常に強い国家でもあり、1つの能力で場をひっくり返してしまうようなタフさがあります。ただ、その分カードの使いどころは重要で、立て続けに大型ユニットを展開されると厳しい立ち回りを強いられることになります。

ソウルバースト「DOWN(弱体)」

Lv.1(ソウル数:1〜4) 全ユニットのHPを1にする
Lv.2(ソウル数:5〜8) 全敵ユニットのHPを1にする。
Lv.3(ソウル数:9) 全敵ユニットのHPを1に変更し、「ログアウト:あなたに1ダメージを与える」を与える
ユニットのHPを1にするソウルバーストになっています。Lv.3時には、全敵ユニットのHPを1にし、さらに「ログアウト:あなたに1ダメージを与える」を付与します。

相手がいくつものユニットを展開してきた時への効果は抜群で、特に「SHEDO」のソウルバーストとの相性は抜群。<シヴァ>召喚時に後出しすることで、簡単に勝負が決まってしまうことも。

初心者向けデッキ編成例(BIT:4700)

カード名 種類 コスト 枚数 レアリティ
メイグル ユニット 1 3 -
指向性カメレオン ユニット 1 3 C
孤高の傭兵 ガンヴィート ユニット 1 3 R
リサイクル スペル 1 3 -
守護天使 キアナ ユニット 1 3 -
検体隊長 モルモン ユニット 2 3 -
サイコバトラー ユニット 2 3 C
フェアリー・ガス スペル 2 3 C
検体銃士 ペンギート ユニット 2 3 C
テスタ・パンク スペル 3 3 -
醜悪のギャルファー ユニット 3 3 R
ファンキー・ボム スペル 4 3 C
掃除屋 ニュクス ユニット 4 2 -
心喰い ユニット 17 2 R
「メイグル」やキメラのシナジーを生かしながら攻めていくデッキ

自分で召喚したユニットを「リサイクル」で破壊し、「醜悪のギャルファー」を成長させましょう。除去カードも多いので、相手ユニットを退けながら積極的に攻めていくことができます。

E・G UNIONは比較的レアリティの高いカードに強力なものが多く、このデッキをもとに強化していくのにもかなりビットを消費しますが、手間をかけた分だけ戦略の幅が広がっていくでしょう

「SHEDO」の特徴やバトルスタイル

【コンセプト】多彩な戦術が魅力の臨機応変タイプ
【プレイ難度】初心者〜中級者向け
【得意学問】文化学、医学

「SHEDO」は、多彩な戦い方が魅力の国家。除去バフなど様々なことがバランス良くでき、回復にも優れています。回復がトリガーとなって強化されるユニットもおり、攻守に渡って効果を発揮するユニットも魅力です。

また、メモリーを減らすことで、さらなる強力な効果を発揮するカードも多く、使うタイミングは非常に重要。しかしながら、ユニットを主体とする分、大型ユニットを複数展開した後に的確に除去されてしまうと、その後が続きにくく負けてしまうことも多いので注意しましょう。

ソウルバースト「SUMMON(召喚)」

Lv.1(ソウル数:1〜4) <ガネーシャ>を召喚する。あなたのメモリーを1つ破壊する
Lv.2(ソウル数:5〜8) <カーリー>を召喚する。あなたのメモリーを2つ破壊する
Lv.3(ソウル数:9) <シヴァ>を召喚する。あなたのメモリーを全て破壊する
▼召喚されるユニットの能力は以下の通り
守備的なユニットを展開できるソウルバーストになっています。

Lv.3時に召喚される<シヴァ>は非常に強い効果を持ち、自身のHPを1にする代わりに、<シヴァ>(12 / 12)が場にある間はダメージを受けなくなります。しかしながらデメリットの部分も多く、<シヴァ>自体の能力を消されたり、「E・G UNION」のソウルバーストで簡単に崩れてしまう諸刃の剣でもあります。

使う際は事前に相手がどのような能力を使い、どのようなカードを持っているのかある程度把握しておきたいところ。リスクを犯したくなければ、あえてソウルの少ない状態で、ソウルバーストを発動するのも有りです。

初心者向けデッキ編成例(コスト:2800)

カード名 種類 コスト 枚数 レアリティ
弔い トラップ 0 3 R
発破 トラップ 0 3 -
ファジー・ブリッツ スペル 1 3 -
メディケーション スペル 1 3 -
守護天使 キアナ ユニット 1 2 -
火神の息 スペル 1 3 -
ガルーダ ユニット 1 2 C
歌う侍 ワンゴロウ ユニット 2 3 -
古の巨兵 グオラス ユニット 2 3 -
日傘のリリア ユニット 3 3 C
正義の姉妹 ケイ&メイ ユニット 3 3 C
巨砲医 ヴィマラ ユニット 4 3 -
肉食医 ポテミータ ユニット 4 3 C
キュア・サンクチュアリ スペル 5 3 C
スペルやユニット同士のシナジー効果を生かしたアグロ寄りのデッキ

序盤から低コストユニットの「ガルーダ」や「古の巨兵 グオラス」で攻め込むことができます。また。「巨砲医 ヴィマラ」に「ファジー・ブリッツ」を使えば、実質4コストで5/5の強固なユニットを生み出すことが可能です。

使いやすいキーカードとなる「キュア・サンクチュアリ」や「肉食医 ポテミータ」などがCOMMONということもあり、各国家の中でも抜群に初期に作りやすいデッキになります。

各国家の特徴を知り、自分のスタイルを見つけよう!

ここまで『ウォーブレ』にある5つの国家について説明しましたが、自分の使う国家だけではなく、相手の国家を知ることも重要な攻略要素になっています。相手がやりたい戦術を知ることで、バトル中の立ち回りも変化してくると思います。

ある程度、各国家の特徴が分かったら、自分の好きなスタイルの国家を見つけて、腕を磨いていきましょう!

最新記事

初心者の歩き方

ログインしてデッキを作成しよう

WAR OF BRAINS Nowではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル WAR OF BRAINS
(ウォーオブブレインズ)
ジャンル 対戦型本格カードゲーム
対応OS iOS/Android
対応端末 Android4.4以降 iOS9.3以降
※一部端末を除きます
価格 基本プレイ無料(アイテム課金有り)
公式サイト

初心者向け攻略記事