WAR OF BRAINS

『ウォーブレ』ミネルヴァを使ったSHEDOのデッキを紹介。最新プロモカードを使いこなそう!

『WAR OF BRAINS(ウォーブレ)』にて、「ミネルヴァをゲット!秋のログインボーナスキャンペーン」で配布されたSPPR「魔法連刃のミネルヴァ」を使ったデッキをご紹介します。

2017/11/28 17:00

『ウォーブレ』ミネルヴァを使ったSHEDOのデッキを紹介!

『WAR OF BRAINS(ウォーブレ)』のデッキを紹介する攻略記事。

筆者が本記事を執筆している時には、ちょうど「ミネルヴァをゲット!秋のログインボーナスキャンペーン」で3枚目のSPPR「魔法連刃のミネルヴァ」が配布され、ランクマッチでもSHEDOのミラーマッチが非常に増えています

筆者も流行に乗っかり、「ミネルヴァ」が1〜2枚配布されていた頃からいろいろデッキを組んで試していましたが、“ファジー・ブリッツ型”や“ミッドレンジ型”、“アグロ”等試した上で最もしっくりきたデッキをご紹介します。

ミネルヴァ入りランプSHEDO

早速ですが、本デッキはミネルヴァ入りランプ(コントロール)SHEDOです。
一部でやや珍しいカードがあるので後で個別に解説しますが、基本的にはA3環境の初期ごろに流行っていたSHEDOのデッキに近いですね。

「ミネルヴァ」が配布される直前のSHEDOは「ファジー・ブリッツ」に「戦士の休息 キアナ」や「機械鎌のデネブ」を合わせたデッキが流行っていたように思います。
筆者もまずはそのタイプから「ミネルヴァ」を試しましたが、「肉食医 ポテミータ」とコストが被る問題や、いまいちコンセプトがバラバラ感があり断念。そもそも、打点の高いクイック持ちでダメージレースに強い「ミネルヴァ」はミッドレンジ寄りで使いたかったという考え方を捨て、他カードの兼ね合いを考えてコントロールに寄せました。

トラップとミネルヴァ

このデッキに仕込んだギミックの1つですが、「ミネルヴァ」の召喚条件である“このカードは、あなたがターン中2つ目に使用するカードでない場合、使用できない。”ですが、1つ目はコスト0のトラップカードでも問題ありません

例えば、このデッキで採用しているランプ(メモリ加速)用カードでもある「発破」は、別に1ターン目などからセットしておく必要はなく、ちょうど「ミネルヴァ」を召喚する4ターン目ごろに発動条件を満たしやすくなるため、最高のシナジーを形成します。

「喝災神 ドンバルカン」を使いたい

SHEDOの常套手段はユニットを残してからのバフや回復を使った、戦闘を介したアドバンテージ獲得ですね。
もともとはミッドレンジ寄りでデッキを組みたかったと言いましたが、現環境でこの動きではちょっと遠回りで除去カードに弱く、決め手に欠けると思っています。

そこで投入したのが「喝災神 ドンバルカン」。カードを2回使うという効果の発動条件のも「ミネルヴァ」と噛み合いますが、SHEDOのデッキでは貴重な召喚ターンから盤面に触れるカードです。

少々重たいカードがデッキに増えましたが、耐えるのはもともと得意。耐えた末に盤面をひっくり返すならAoE除去が何よりの回答ですね。

まとめ

まだまだ荒削りなデッキではありますが、結局は原点のランプSHEDOに近い形になりました。
もともと4〜5コスト帯は渋滞気味でしたが、そこを「ミネルヴァ」基準にした結果、全体的に除去とガーディアンが増えたのがこのデッキです。

かつては長期戦に持ち込むのは得意でも、長引くと「慟哭のジル・クライハート」を引けるかどうかの勝負になることも多かったので、良い感じで攻撃的にアレンジできたと思います。

最新記事

初心者の歩き方

ログインしてデッキを作成しよう

WAR OF BRAINS Nowではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル WAR OF BRAINS
(ウォーオブブレインズ)
ジャンル 対戦型本格カードゲーム
対応OS iOS/Android
対応端末 Android4.4以降 iOS9.3以降
※一部端末を除きます
価格 基本プレイ無料(アイテム課金有り)
公式サイト

ウォーブレ基本情報

初心者向け攻略

おすすめ・当たりカード等【定期更新】