WAR OF BRAINS

【B1対応】『ウォーブレ』各国家とニュートラルのR以下のカードから良く使われているものを紹介。デッキ構築やクリエイトの参考にしよう!

『WAR OF BRAINS(ウォーブレ)』にて、各国家とニュートラルのR以下のカードから良く使われているものを紹介します。ぜひデッキ構築やクリエイトなどの参考にしてみてください。

2018/02/26 11:56
当サイトで掲載している記事はWAR OF BRAINS Now編集部の独自の見解であり、『WAR OF BRAINS』開発チームの公式見解をお伝えしているものではありません。

『ウォーブレ』で採用率の高いR以下のカードを紹介!

『WAR OF BRAINS(ウォーブレ)』にて、各国家とニュートラルのR以下のカードから良く使われているものを紹介します。R以下のカードはSRやGCなどと比べると入手難度も下がり、比較的安価でクリエイトできる為、良く使われているカードを把握しておくことは重要な攻略要素となりますよ。
ブレイク/クリエイトの仕組みの記事はこちら!

ぜひデッキ構築やクリエイトなどの参考にしてみてください。
目次
NEUTRAL
LAPIS
TAOSIN
SHEDO
MAGNA
E・G UNION
【まとめ】集めやすいカードから徐々に厳選しよう!

NEUTRAL(ニュートラル)

A1〜A3のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【1】孤高の傭兵 ガンヴィート R A1 高速〜中速
【2】狡犬 リベリー C A3 高速〜中速
【3】機械鎌のデネブ C A3 高速〜中速
【5】堅殻戦機 カニテツ R A2 中速〜低速
【6】豪菌種 セルゲイト R A3 ケツデカデッキ
【17】心喰い R A2 低速
様々なタイプのカードが存在
ニュートラルのカードの中には、複数のデッキで組み込める汎用性の高いものから、特定の状況でこそ活きるものなど、様々なタイプのカードが存在しています。そして、全国家に組み込めるニュートラルと言えど、デッキのコンセプトに合うものは限られています

使いたいニュートラルカードがあったとしても、自身の使うデッキと合うか合わないか検討したうえで、採用するかどうかを決めるのが良いでしょう。

B1のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【2】次元の番人 ギャラクシー R B1 中速〜低速
【3】次元の番人 キャットガール R B1 高速〜中速
【4】スペクタクル・レイン C B1 中速〜低速
新種族センチネルと学問シナジーのスペル
B1環境になり、追加された真新しい要素は、“新種族センチネル”と“すべての学問をデッキに入れているとコストが減るスペル”の存在。どちらもデッキに入っている他カードとのシナジーが重要になるカードになっており、カード単体で考えるのではなく、デッキ全体でシナジーを形成していきましょう。

LAPIS(ラピス)

A1〜A3のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【1】餓狼 - - 全デッキ
【1】機動兵長 ライリー R A1 高速〜中速
【2】武闘派戦士 シリメツレツ C A1 高速〜中速
【2】千両役者 ウリノスケ C A2 全デッキ
【2】臆病機兵 クロベエ R A2 高速〜中速
【2】大盾戦士 ゴッツ C A3 高速〜中速
【3】狙撃戦士 スナイプ C A1 高速〜中速
【3】司令官 G・アロン R A3 高速〜中速
【3】黒般若 R A1 全デッキ
【3】宵の露 アサギリ R A1 全デッキ
【4】双警機 アルト=オルト R A1 全デッキ
味方ユニットとのシナジーやコンボを活かそう!
LAPISの特徴として、味方ユニットとのシナジーやコンボを繋げることで、大きな相乗効果を生み出すカードが多くあります。デッキを編成する際は、他のカードとの関係性を意識して組み立てることが重要です。

B1のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【1】風村の白鷹 トビー C B1 高速〜中速
【2】暗躍兵 メメマスター C B1 ソルジャーズ
【3】狂犬美貌 ファビアン R B1 ソルジャーズ
【5】風村の豪象腕 バルビー R B1 中速〜低速
新種族メタモールとソルジャーズ
B1環境になり、メタモールやソルジャーズなどの新種族が追加されており、どちらも横並びにすることで強い効果を持っています。そのためソウルバーストとの相性も良く、従来の戦術と共通している部分でもあるので、今まで使っていたデッキにも組み込みやすいのが特徴です。

TAOSIN(タオシン)

A1〜A3のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【1】龍の子 C A1 全デッキ
【1】雲蒸竜変 C A1 ドラゴンデッキ
【1】穿星 ショウキョウ C A3 高速〜中速
【2】災厄の使徒 テンホウ C A1 高速〜中速
【2】龍との絆 R A3 ドラゴンデッキ
【3】怒りの千人将 ワン R A1 高速〜中速
【3】自走する重火器 R A1 高速〜中速
【3】狂葬者 アパッチ C A3 高速〜中速
【4】先手必勝 - - 高速〜中速
【4】黒蜂総長 マンダリニア R A1 高速〜中速
序盤から攻撃力を発揮するユニットが豊富
TAOSINは、序盤から積極的に仕掛けることが得意な国家になります。共通して言えるのは、どれも攻撃的な能力を持つということ。

低コストながら優秀な働きをするものが多く、単体で仕事をするものもあれば、戦術に噛み合う効果で相手を苦しめるカードもあります。デッキタイプに応じて編成するカードは慎重に選んでいきましょう。

B1のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【-】帝国火力部隊の罠 R B1 高速〜中速
【1】皇帝兵 リトルブラザーズ C B1 コンボ
【4】帝国白魔道 ローザ R B1 高速〜中速
【7】忠誠巨翼 カーライル C B1 高速〜中速
【8】フェイロン計画 C B1 コンボ
デメリットをメリットにする動き
B1環境では、あえてダメージを受けたりするライフコントロールや、相手に追加ターンを与えて後からアドバンテージを獲得するといった、デメリットを利用するカードが多く追加されました。

元々自傷ダメージをあえて受けることで、スタッツの良いユニットを序盤から召喚していくスタイルは存在していたため、「帝国火力部隊の罠」「カーライル・レスキュー」などのライフコントロール系のカードは従来のデッキと合わせやすいと思います。

一方でTAOSINにおける「裁卿皇帝 ビッグブラザー」を使う追加ターンは今までほぼ無かった戦術なので、「皇帝兵 リトルブラザーズ」や「フェイロン計画」などの新規カードとのコンボが必要になりそうです。

SHEDO(シェド)

A1〜A3のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【1】ファジー・ブリッツ ケツデカデッキ
【1】炎神の息 全デッキ
【1】メディケーション 中速〜低速
【2】豪神の力 中速〜低速
【2】アンズの一撃 R A3 中速〜低速
【4】華の妖精 ポポリ C A1 中速〜低速
【4】肉食医 ポテミータ C A2 全デッキ
【5】キュア・サンクチュアリ C A2 全デッキ
【5】喧騒の神 チャンドラ R A3 中速〜低速
【5】舞い降りし聖剣 R A3 中速〜低速
タフなユニットで粘り強く戦おう
SHEDOは、豊富なバフとタフなユニット、回復を駆使しながら、粘り強く戦える国家になります。A3環境になってからは、中盤から終盤の動きがより強化された印象です。

また、GCにはなりますが「慟哭のジル・クライハート」の登場によって、あまりに弱点の多かったソウルバーストも活かしやすくなりました。上記のカードなどで相手の攻撃を凌ぎつつ、タイミングをはかり、反撃の狼煙を上げましょう。

B1のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【4】忠嬌メイド ニアル R B1 中速〜低速
【4】忠嬌メイド リンゼ R B1 中速〜低速
【4】イデアン・スポルティング C B1 中速〜低速
【8】堕天妃の急襲 R B1 低速
新ギミックのメモリーセーブ&バトル終盤のリカバリー力
B1環境になり、手札を使わずに盤面のユニットを強化できるメモリーセーブが追加。メモリーセーブ持ちのユニットが盤面に複数いれば、1回分のメモリーで全員発動できるというのもポイントで、ユニット並べるべきか、メモリーを余らせるべきかの判断は重要になります。

また、「堕天妃の急襲」などのカードを使って、相手の攻め手を封じてしまうこともできるため、対SHEDO戦は迂闊にユニットを並べられなくなり、より後半の動きが強力になった印象です。

MAGNA(マグナ)

A1〜A3のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【1】毒銃士 ウェスタン ウイルスデッキ
【1】臨床医 サリ 全デッキ
【2】スウィート・メス C A1 全デッキ
【2】赤頭巾 マヤ ウイルスデッキ
【2】捕食抗体 ガブロン C A1 中速〜低速
【2】傀儡医 マイロ ウイルスデッキ
【2】エクストリーム・インボイス 全デッキ
【2】ウイルス・ショット C A3 ウイルスデッキ
【3】捕縛正義 ラブレター R A3 全デッキ
【3】ムカつくから強制捜査 R A3 中速〜低速
【4】均衡の指導者 C A1 全デッキ
【8】ブラック・オペレーション R A1 中速〜低速

相手の嫌なところを突く能力でバトルを支配しよう

MAGNAは、デバフや除去が豊富で、スタッツを直接操作することでアドバンテージを得るトリッキーな動きを得意としています。終盤は特に単体で力を発揮する強力なカードも多いので、相手に盤面取らせることなく、盤面を展開できます。その分、1ターンの爆発力があるデッキタイプは苦手としています。

B1のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【1】流行感染 ワンスアポン R B1 セルフハンデス
【1】純粋人形 ピノコ R B1 セルフハンデス
【2】感染妖女 シレーナ C B1 セルフハンデス
【2】シロワニ・マーチ C B1 セルフハンデス
【3】金鳥二世衛門 ぶんぶく R B1 中速〜低速
【6】裸漢王 マリオン R B1 中速〜低速
ワンダートラップやセルフハンデスを使いこなそう!
まずワンダートラップは、“「通常コストを支払いユニットとして使用する」か、「3コストを支払いトラップとして設置する」かを選ぶことができる”というB1環境で新登場したギミックになります。2通りの使い方ができ、基本的にトラップとして使ったほうが強力ですが、「破壊稼業 モグオヤジ」などの天敵もいるので注意。

また、GCの覚醒妖姫 モニー」をキーカードにしたセルフハンデスデッキもB1環境で誕生した強力なデッキタイプです。ただし捨てる手札はランダムな効果がほとんどなので、重要なカードが手札にある時の動きは気を付けたいところ。

E・G UNION(E・G ユニオン)

A1〜A3のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【1】指向性カメレオン C A1 高速〜中速
【1】錯乱のクロロ - - ウイルスデッキ
【1】リサイクル メイグルデッキ
【2】検体仁義 アカマムシ C A3 メイグルデッキ
【2】検体銃士 ペンギート C A2 ウイルスデッキ
【2】フェアリー・ガス C A1 高速〜中速
【2】遺伝研究員 マリリン C A2 ウイルスデッキ
【2】マッド・テンション C A2 ウイルスデッキ
【3】ブラッディ・スクリーム - - 全デッキ
【2】妄賢者 オポロン C A3 メイグルデッキ
【3】テスタ・パンク - - メイグルデッキ
【3】醜悪のギャルファー R A1 メイグルデッキ
【3】モルモンズ・オーダー R A3 メイグルデッキ
【4】破壊のアニマ R A1 高速〜中速
【4】ファンキー・ボム C A1 全デッキ
【5】復活のスライム C A1 中速〜低速
豊富な除去を駆使しよう
E・G UNIONは、豊富な除去を駆使しながら、徐々に自分のペースに持っていくテクニカルな戦術が魅力です。また、ユニットにはログアウトで効果を発揮するカードが多数おり、味方を巻き込んだ全体除去も、アドバンテージを得るうえでは非常に効果的です。

B1のおすすめカード

カード名 レア度 収録弾 おすすめデッキ
【1】万能球体 R.A.P.O R B1 デッキ破壊
【2】満腹微笑 マリー R B1 デッキ破壊
【2】暗躍使徒 キングボーン R B1 全デッキ
【3】暗躍使徒 ファイアーマン R B1 全デッキ
【5】暗躍使徒 ミスターミラー R B1 デッキ破壊
【6】暗躍使徒 バンブーマスター C B1 コンボ
デッキ破壊を駆使した動きが特徴
B1環境は、自分のデッキからカードを破壊する効果を持つカードが多く追加されました。一見するとデメリットに見えなくもないですが、単純にデッキが圧縮されるので、ウォーブレの特性上1枚しか組み込めないGCを引きやすくなるということにも繋がります。また、デッキ破壊自体にシナジーを持つカードも追加されたことから、非常にメリットが大きくデッキタイプと言えるでしょう。

【まとめ】集めやすいカードから徐々に厳選しよう!

R以下のローレアリティのカードは、メリットとして、パックでも出やすく、クリエイトでも作りやすいことが上げられます。SR以上のカードは揃えるのに苦労するということもあり、手っ取り早くデッキを強化させるなら、集めやすいR以下のカードから厳選するのがおすすめですよ。

最新記事

初心者の歩き方

ログインしてデッキを作成しよう

WAR OF BRAINS Nowではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル WAR OF BRAINS
(ウォーオブブレインズ)
ジャンル 対戦型本格カードゲーム
対応OS iOS/Android
対応端末 Android4.4以降 iOS9.3以降
※一部端末を除きます
価格 基本プレイ無料(アイテム課金有り)
公式サイト

ウォーブレ基本情報

初心者向け攻略

おすすめ・当たりカード等【定期更新】