WAR OF BRAINS

【B1環境解説】『ウォーブレ』の国家別カードギミックと特徴的なカードを解説!【SHEDO、MAGNA編】

『WAR OF BRAINS(ウォーブレ)』における、「SHEDO」と「MAGNA」の国家別カードギミックと特徴的なカードを解説します。カードの効果がどういった効果を及ぼすのか理解して、バトルを有利に進めていきましょう。

2018/02/07 20:10

国家別カードギミックと特徴的なカード解説

『WAR OF BRAINS(ウォーブレ)』における、「SHEDO」と「MAGNA」の国家別カードギミックと特徴的なカードを解説します。カードの効果がどういった効果を及ぼすのか理解して、バトルを有利に進めていきましょう。

LAPIS、TAOSIN編はこちら
E・G UNION、NEUTRAL編はこちら
目次
SHEDO
メモリーセーブ
天空神
MAGNNA
ワンダートラップ
セルフハンデス
まとめ

SHEDO

メモリーセーブ

メモリーセーブの効果は
「メモリーセーブ(X):効果」という形で表記され、Xの値はカード毎に異なる。未使用メモリーをX個残した状態でターンを終了させることで、記載された効果を発動させることができる。

というもので、ターン終了時に自動的に発動します。

ちなみにメモリーセーブ持ちを複数召喚しておけば、1回で全員発動できるので非常にお得。並べるか余らせるかを考え、計画的に運用していきましょう。
当てはまる主なカード
カード性能的にも、並べて強化していくようなシンプルな設計になっている印象。
ドローなどのシンプルなアドバンテージ獲得が苦手なSHEDOにとって、手札を減らさずに盤面を強化できるのは大きいと思います。
SHEDOのULTIMATE SOUL BURSTカードである「おてんば王妃 レヴィ」もメモリーセーブを持っています。
ソウルがたまってさえいれば、8メモリーある時に召喚するだけですぐに条件達成できるので使い勝手が良さそうです。

イデア神 ランガージェ」に関しては、元のソウルバーストである「シヴァ」などと違って一切デメリットが無いのも見逃せませんね。

天空神

天空神はB1で新たに登場した種族で、それぞれデッキに4種類の天空神が入っていれば効果が強化されるようになっています。
現在存在している天空神は「氷結のウェディングブレード」「烈風のカマイタチ」「土轟のガーデン」「鉄魂のピーナッツバター」の4種類なので、天空神デッキを組むのであればもれなくこのセットが必須です。

ただ、全ての能力が天空神と関係しているわけではないので、それぞれ単体でも使用できます。

MAGNNA

ワンダートラップ

ワンダートラップは、
使用する際に、「通常コストを支払いユニットとして使用する」か、「3コストを支払いトラップとして設置する」かを選ぶことができる。トラップとして設置した場合、各カードそれぞれ異なる発動条件と効果を持つ。
というもので、カード1枚で2通りの使い方を選ぶことができます

なお、トラップはトラップなので「破壊稼業 モグオヤジ」で破壊されます。
▲ちなみに、相手から見るとワンダートラップと通常のトラップは外見上区別されています(上画像右にセットされているのがワンダートラップ)。
当てはまる主なカード
主に見かけることが多いワンダートラップ持ちは、「不笑童女 シラユキ」「炎上幼女 ベンテン」「裸漢王 マリオン」あたりの3枚。
「マリオン」は発動条件を満たすために、「差し押さえ」とセットで使われることもあります。
ULTIMATE SOUL BURSTを持った「守銭少女 アリス」もよく見かけるワンダートラップ。
いつまでもセットされた状態から発動しないワンダートラップがあった時はだいたい「アリス」です。

「アリス」は能力的にMAGNA最大の弱点であったワンキルを1ターン確実に防げる効果を持っているので、今後MAGANAのコントロールデッキで重宝する存在になりそうですね。

特に「慟哭のジル・クライハート」の「運命の逆転」を使う時はこのカードを気にしておく必要があります。

セルフハンデス

また、B1のMAGNAでは、自分の手札を捨てることとシナジーするカード群も追加されています。
中でも、「覚醒妖姫 モニー」はメモリーを縛る凶悪なロック効果を持ったフィニッシャーです。
手札を捨てることのできるカードは、捨てる対象がランダムなものが多数。
「モニー」は自身の効果で戻ってきますが、うっかり大事なキーカードを捨ててしまわないように発動タイミングは注意しましょう。

どちらの国家も新要素が多数だが……?

SHEDOもMAGNAもB1で新キーワード能力が追加されています。
しかし、一見クセが強そうなMAGNAの新カードがかなり使われて新デッキが生み出されているのに対し、SHEDOは今の所一部のカードが採用されているだけで、新ギミック自体はそれほど活かされていない印象です。

とはいえ、まだまだB1環境も始まったばかりですので今後の研究に期待といったところ。筆者もメモリーセーブデッキを形にしようと試行錯誤しています。

最新記事

初心者の歩き方

ログインしてデッキを作成しよう

WAR OF BRAINS Nowではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル WAR OF BRAINS
(ウォーオブブレインズ)
ジャンル 対戦型本格カードゲーム
対応OS iOS/Android
対応端末 Android4.4以降 iOS9.3以降
※一部端末を除きます
価格 基本プレイ無料(アイテム課金有り)
公式サイト

ウォーブレ基本情報

初心者向け攻略

おすすめ・当たりカード等【定期更新】