WAR OF BRAINS

『ウォーブレ』でよく見かける強力なデッキを紹介。B1環境最新の流行デッキ・戦略をチェックしよう!

『WAR OF BRAINS(ウォーブレ)』にて、第4弾拡張パック「Sword of Nemesis(B1)」登場後の現環境におけるランクマッチでよく見かけるデッキ環境・メタをご紹介します。デッキレシピ例も載せているので、流行りのデッキを知ってバトルを攻略していきましょう!

2018/03/30 12:00
当サイトで掲載している記事はWAR OF BRAINS Now編集部の独自の見解であり、『WAR OF BRAINS』開発チームの公式見解をお伝えしているものではありません。

B1環境で見かけるデッキメタ解説!

『WAR OF BRAINS(ウォーブレ)』にて、流行りのデッキや戦略を紹介する攻略記事。

2018年3月22日(木)に行われたカード性能調整後の「Riot for Freedom(B1)」環境におけるランクマッチで、実際に筆者が使っている・使われることが多いデッキをご紹介します。
目次
LAPIS
TAOSIN
SHEDO
MAGNA
E・G UNION
まとめ

B1環境で見かけるLAPIS(ラピス)のデッキ

ミッドレンジラピス

LAPISは「爛漫籠姫 コトネ」の登場によって、再び低コスト帯が強くなりました

ただ、B1環境初期から強力な印象があり、最近でも強化されている割には遭遇頻度がそこまで高くありません。環境に適用するにはもう少しかかりそうです。

B1環境で見かけるTAOSIN(タオシン)のデッキ

ビッグブラザーコンボ

デッキ詳細はこちら

裁卿皇帝 ビッグブラザー」のエクストラターンで殴り勝つコンボデッキ。ロマンデッキとも言えますが、比較的現実的なロマンデッキであるため、結構な人気があります

このデッキもそうですが、ドラゴンと罠を総動員して盤面をコントロールしながら「ビッグブラザー」を引くまで耐えるタイプが多いです。
また、「皇帝兵 リトルブラザーズ」を「覇道の猛き導 メイヨウ」で繰り返し蘇生するタイプもたまに見かけます。

なお、「メイヨウ」はアグロデッキでも採用されており、普通に勝てるデッキとしては「メイヨウ入りアグロ」のほうが有力候補だと思います。

B1環境で見かけるSHEDO(シェド)のデッキ

コントロールシェド

希望の小枝 プルン」の登場により、厄介なユニットを処理しやすくなったコントロールSHEDOです。
MAGNAは徐々に前のめりになりつつあるので、回復しながら耐える遅いデッキとしてはSHEDOだけになってきました。

筆者は相変わらず「魔法連刃のミネルヴァ」「喝災神 ドンバルカン」を愛用していますが、「輪廻の炎 シャーリー」を入れたセンチネル型も面白そうだと思います。

天空神デッキ

デッキの詳細はこちら

編集部では何故か人気の高い、天空神シナジーを活かしたデッキ
氷結のウェディングブレード」と相性の良いケツデカシェドのギミックを搭載するか、マナ加速を入れたミッドレンジにすることが多いです。

ただ、どうしてもスタッツの高いユニットを並べるだけの単調な動きになりやすく、不利な相手は多め。強さの話をすると普通のコントロールのほうが上だと思いますが、今後天空神のカードが増えれば確実に強化されるため、将来性があります。

B1環境で見かけるMAGNA(マグナ)のデッキ

テンポマグナ

現環境のMAGNAは、大体「創世知能 マキ」とバフカードを中心に組まれたデッキが多いです。

その中でも、「先駆の豚王」「混沌の訂正者」のコンボに「機械鎚のウルゴ・バシュー」と攻撃的な構成にしたタイプが人気

コントロールマグナ

ある程度テンポデッキに取って代わられつつも、未だコントロールデッキは人気です。
こちらでも「創世知能 マキ」とバフカードを使ったものは多いですが、「彷徨の艶女 キジモナカズバ」と「覚醒妖姫 モニー」のコンボタイプ、もしくはどちらも採用したデッキを見かけます。

これはどちらも採用したタイプですが、やはりある程度は序盤から攻められる方が環境にあっているようです。

B1環境で見かけるE・G UNION(E・Gユニオン)のデッキ

ウイルステンポユニオン

メイグル」に調整が入ったことから、モルモンズ・オーダー」無しで強いE・G UNIONということで人気のデッキ。
筆者が使っているデッキではあまり最近のPRカードを使っていませんが、「烈砕の次元 ハイボルト」の分で以前より強化もされています

使う人によって結構採用カードは変わる印象ですが、このデッキも対MAGNAを意識してもう少しバリューの高いカードを増やしたミッドレンジに寄せても良いかもしれません。

MAGNAが多い環境か?

2018年3月22日(木)の調整前からMAGNAとE・G UNIONが人気な印象でしたが、現在もほぼそのイメージはあまり変わっていないようです。ただ、若干MAGNAのほうが増えて、より偏ったかもしれません。

ある意味わかりやすい状況なので、MAGNAを対策したデッキが流行ればメタも回っていくことになるでしょう。

最新記事

初心者の歩き方

ログインしてデッキを作成しよう

WAR OF BRAINS Nowではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル WAR OF BRAINS
(ウォーオブブレインズ)
ジャンル 対戦型本格カードゲーム
対応OS iOS/Android
対応端末 Android4.4以降 iOS9.3以降
※一部端末を除きます
価格 基本プレイ無料(アイテム課金有り)
公式サイト

ウォーブレ基本情報

初心者向け攻略

おすすめ・当たりカード等【定期更新】