WAR OF BRAINS

NR構築戦ラピス

マスターデュエルのNRフェスに倣って、BLANK・COMMON・RAREだけでラピスデッキを組んでみました。

2022/03/26 14:46 posted by kassoro

デッキレシピ

説明

コンセプト

同条件ではシェドとタオシンの低コストに優秀なカードが多く、それらのアグロデッキが一定の地位を獲得すると仮定し、それらに対してガーディアンや高HPのユニットを積んでリソース勝ちを狙うのが今回のコンセプトである。イメージで組んでいる部分が大きいので、最適解ではないとは思うがたたき台として公開。組んでみて、ラピスの4コストがSR以上に依存していたことに気付かされた。組んだ後に思ったけど、中立スペル入れた方が強いかもしれない。

カード採用理由

シュリ:入れない理由がないパワーカード。ただ、効果を消したり1ダメージを与える中立スペル達もコモンなので、それらへの相性の悪さを重く見るなら、素で1/2あってソウル奪取とかみ合うMr.ハントもアリかも(1コストに2コストのカードで対処させた時点で十分だとは思うが)。
ゴッツ:デッキのコンセプトとがっしりかみ合っている、この環境のクロゴッツは相当に強いはず。
クロベエ・カエデ:汎用枠、ゴッツと相性もいい。Mrハントを採用するなら、この枠にジュリエットあたり入れてみても面白そう。
ウリノスケ:1ダメージ飛ばすことの重要性は高いが、デッキが場持ち重視なので3枚入れたいかと言われると微妙なラインに感じてしまい2枚採用。
アサギリ:伝家の宝刀アサギリオルトが決まれば、このレギュレーションではほぼ勝てるはず。だぶつくと弱いので2枚。
ファビアン:先に出して一方的に殴るだけで圧倒的なアドバンテージになる。ぐらえええええ!
デネブ:1/5スタッツはおそらくかなり刺さる。起動で大物喰いも狙える。
ロイヤーブラウン:1/5スタッツが目当て、効果は狙って何かできるものではないが、ワンチャン盤面に1点飛ばせるので余ったアサギリの使い道にも。
オルト:オルトアサギリは勿論、このレギュレーションだと体力4を対処すること自体がけっこう難しい。
ビッグバン:デネブやブラウン→これで不利盤面やバキシェドの全ツッパをいなす。ソウルを他に取っていれば相手にも飛ぶので後半は引導火力にも。
バルビー・鹿・カニテツ:つよつよガーディアン三兄弟。一長一短だがどれも強いので3枚ずつ。これで封殺して試合を決定づけるのがデッキの最終目標。
バスタンク:使うと分かる+1/+2のありがたさ。デカ物を処理できるクチノハと迷ったが、そちらはアサギリやビックバンに任せることにして堅実に盤面を固める高コストのこちらを優先。

このデッキへのコメント

画像を選択
投稿内容を確認の上「投稿する」を押してください。
不適切と判断される投稿は予告無く削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
このデッキのフォーラムへ
0 3 11 10 5 9 0 2 0
0 1 2 3 4 5 6 7 8+
ユニット 38/ スペル 2/ トラップ 0
BIT 12,100

投稿者プロフィール

ログインしてデッキを作成しよう

WAR OF BRAINS Nowではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。