WAR OF BRAINS

B2ミッドレンジタオシン

B2環境に合わせて調整しているミッドレンジタオシンです。
ブレイン帯で少しずつ勝てるようになっている
もののシェドがゲロ吐く程辛いです。
またこのデッキは現在のタオシンが完全にナメられている事が前提にあり、そこに付け込み地雷要素を仕掛ける部分があるため同じ人と連続マッチしないようにしなければならず試合中のプレイング以外でも気を使わなければなりません

2018/06/16 15:18 posted by naoya0820

デッキレシピ

説明

マリガン

2コスユニット最優先
3コス以上とトラップは全部返してください
N2コススペルはb2ヒヨ、ショウキョウ及び
2コスユニットが引けている場合のみキープ
八光剣はユウユウが引けている場合のみキープ
基本返します(これ1枚で盤面が取れる訳ではない為)

序盤

とにかく盤面を全力で取りにいきます
相手が1,2コスユニットを出してきた時に
手札にあれば地雷要素である電子幻影を
仕掛けます
こちらがユニットを出していようといまいが
まずかかってくれます
タオシンが手札から仕掛ける罠=鉄鎖だろうと
いう相手の心理を利用する形です
自分の場にユニットが出ているときに決まれば
序盤は貰ったも同然ですし、出ていない時は
ダッキで盤面を返すまでの時間稼ぎになります
N2コススペルも駆使して有利トレードを
繰り返します
ナディアが持ってくる文化学スペルは
タオシンではハズレが殆どないので
余裕のある時に出しておきたいカードです
(ハズレはインビンシブルシールドのみで
龍風や辺境もダッキやユウユウ、八光剣の
バーストに使える為)

中盤

ダッキ、カニテツ、バシューで
盤面リードを維持します。

終盤

絶対皇帝、プリノウズ改やバシュー、八光剣、先手等のバーンダメージでゲームエンドに
持っていきます

電子幻影

このデッキの地雷要素
相手の油断、驕り、不利トレードをしたくないという心理に付け込み刺すカード
基本的に劇的に刺さるのは試合中最初の1回のみですがペリドットを1回だけ防げる、
アグロデッキの序盤の攻勢をくじく、
ワンショットキル(キアニー、白獅子)に対する耐性を得られる等現環境に割と合ったカードだと思います。
ただ先程述べた通りこのカードの強みは地雷で
あることなので1度当たった相手には通用しませんし、現環境において弱いとされている
タオシン、マグナ使いはこちらと五分五分で
ある為油断、驕りが少なく基本的に警戒心が
強い為心理的に刺さりにくいです
(勿論全てが全てそうではありませんが)

相性

正確な数値は測っていないのであれですが
基本的にシェド以外のどのクラスにも五分以上で戦えていると思っています
(ブレイン帯で少しずつBPを増やせるように
なりつつあるので)
あとこんなことは言いたくありませんが
B1時以上にシェドに対して国家単位で不利、というか無理なのでやる気がない時は基本見た瞬間ギブでいいと思います
相手が事故ってくれない限り勝てません
(不利なデッキがあるのは普通だと思うけど
ここまでする必要あんのかよ)

このデッキへのコメント

画像を選択
投稿内容を確認の上「投稿する」を押してください。
不適切と判断される投稿は予告無く削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
このデッキのフォーラムへ
2 5 15 4 5 4 4 0 1
0 1 2 3 4 5 6 7 8+
ユニット 28/ スペル 10/ トラップ 2
BIT 36,600

投稿者プロフィール

ログインしてデッキを作成しよう

WAR OF BRAINS Nowではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。